大気圧を感じる実験(風船を吸いこむ、一斗缶が凹む)

水蒸気の収縮で風船を吸いこむ

 
この実験は、ガラス容器の瓶など(ここでは三角フラスコ)が加熱された容器の中の水蒸気で空気が膨張している状態で風船でふたをする。そして、 、冷えたときに閉じられた水蒸気が収縮してゴム風船が吸い込まれ瓶の中で膨らみだすまでになる。
ここでは、お湯を三角フラスコに入れ、熱くなったところでお湯を出して、三角フラスコ内を水蒸気で満たしたあっとにゴム風船でふたをした。

材料 三角フラスコ 風船 お湯 バット 水の入ったビーカー 熱いので軍手を用意
@三角フラスコのお湯を入れる。

Aガラス部分を温めたら、お湯を捨てる。
 
B風船をかぶせる。
 
*風船は一度膨らませておく。また、少し水にぬらす。早く吸い込ませたいときは、冷たい水をかける。
 

 

  

水蒸気の収縮で一斗缶が凹む

 
この実験は、一斗缶に水を入れ、水蒸気にしてからふたをする。冷やすと、一斗缶内の水蒸気が収縮してスチール缶がつぶれて行く。

材料  一斗缶(ふたのあるもの) 携帯ガスコンロ  バット 水の入ったじょうろ 
@ 一斗缶に少し水を入れる。

Aガスコンロで加熱をする。
 
B少しすると蒸気が出るのでしばらくそのまま水蒸気を出す。(時間して2分くらい) 
Cふたをしてバットの上に置く。 
*そのまま放置して冷えるのを待っても良いが、ここでは、じょうろで水をかけて冷やして実験を早める。
 

 

  

  

  

目次に戻る

inserted by FC2 system