比較的簡単なブロッコリーのDNA抽出

比較的簡単な方法でDNAを取り出すことができる。ブロッコリーは芽のところは細胞がたくさんあるので取り出しやすい。DNAは細胞の核内にある遺伝子物質である。エタノールがあれば、家庭でも取り出す実験をすることができる。乳鉢はすり鉢、試験管はコップなどで代用することで実験ができる。ここでは学校現場においての実験とする。ブリッコリーはできるだけ新鮮なものを使う。冷凍ものでもできるが、生のほうがきれいに抽出することができる。

材料 ビーカー200ml 2個 、乳鉢、茶漉し、試験管3本 試験管立て、はかり、ガラス棒、ピペット、はさみ、ブロッコリー100g(芽の部分ならおよそ10g)、食塩、エタノール、家庭用食器洗い洗剤(石ケン成分約35%)

抽出液を作る

@食塩3.5g 洗剤2.5ml を100mlの水に溶かす。溶かすと半透明に白く濁る。

DNAを取り出す

@ブロッコリーの緑色の芽の部分をハサミで切っておよそ10g作る。

A乳鉢に入れてすりつぶす。あまり細かくすりつぶさなくて良い。

Bすりつぶしたブロッコリーに抽出液30ml流し込んでガラス棒でかるくかき混ぜる。しばらく放置する。(5分〜10分程度)

Cビーカーの上に茶漉しを置いて、その中に乳鉢の中のブロッコリーの混合液を入れてろ過する。

Dろ過液を試験管に5ml程度入れる。

Eエタノールを5ml程度試験管の壁を伝わりようにゆっくり流し込む。(試験管の中のろ過液の2倍)

Fエタノールと緑のろ過液の2層になり下から白いものが浮き上がってくる。

家庭用洗剤は石ケン成分35%   抽出液を作った様子

  

 乳鉢でブロッコリのすりつぶす  抽出液をいれしばらく放置

  

 茶漉しでろ過           ろ過液にエタノールを入れるとDNAが浮かんでくる。少しガラス棒でつつけばもっと出てくる。

  

  

 

目次に戻る

 

inserted by FC2 system