ロウソクの熱の気流で羽根車や風車・渦巻きを回す(熱対流による )

ろうそくの炎からの熱の上昇気流によっ紙の風車や渦巻き紙、アルミの羽根車を回転させる実験である。ロウソク台は5cmロウソクを使ったので、10cmくらいの長いロウソクならそのまま利用する。

材料 ロウソク ダンボール紙(13×9cm)2枚 厚紙(20×20cm)1枚 紙(15cm×15cm)1枚 画鋲 3個  9mm角棒 20cm 1本4cm1本 アルミ箔 16cmアルミ皿  紙(15cm×15cm)糸50cm

ロウソク台や回転支柱の作成をする。

棒にアルミ箔を巻く。先端に画鋲を取り付ける。角棒立ててダンボール紙の底から画鋲を挿して固定する。

 アルミ箔を巻くのは木の棒がロウソクの炎で焦げないようにするため。

回転する風車を作る。

以前作成したペットボトル熱の風車と同じ作り方。

折り込みをつける はさみで切る

 

山かさ様に折る さらに角をすこし切りとる

 

アルミ皿の回転羽根を作る。

アルミ皿の裏側から皿の凹凸の筋に沿ってカッターで切り、角度をいれて穴を開ける。

厚紙の渦巻きの紙を作る(とぐろまき)を作る。

直径20cmの塩を作り外側から、2cm厚みで切り取り中心あなをあける。その後糸を通してしばる。

実験

ロウソク火をつけて、支柱の画鋲の上において観察する。

アルミ皿の回転羽根を置く。

紙風車を置く。

ダンボール紙の上にローソク2本灯をつけて置く。渦巻きの紙をロウソク上のかざす。

戻る

inserted by FC2 system