コイルモーター

どこにでもある簡単なモーターの原理の説明のための実験です。

エナメル線をコイルにして、2巻きして両端のエナメル線の片方を全部磨きもう片方は半分磨き、整流子にします。そうして軸受け(クリップ、針がね、銅線、銅板、アルミ板など)を作り、ガムテープで止めて、導線を電池につなぐだけ。コイルの下に磁石を置く写真ではクリップ、ネオジウム磁石をつかいました。

コイルモーターの作り方pdf

クリップのコイルモーター

 写真はクリップを使ったコイルモーターの写真です。台を使わない方法です。エナメル線と磁石、クリップ、電池があればすくにできます。両端に伸ばしたエナメル線をクリップに差し込む。クリップでなく1mmのエナメル線でもできる。銅板を利用しても、アルミ板でも良い。エナメル線は0.4mm、1.0mmでもできる。  指で押さえているのは、クリップの場合、接触不良で回りにくいため。

  0.4mmのエナメル線を利用          1.0mmのエナメル線を利用 

  

 

クリップのコイルモーター

1.0mmエナメル線は両端を締め付けない。

 

 

 

アルミ電極版コイルモーター

下の写真はアルミ缶を70mm×10mmに切り取り軸受けで利用した。よく見ると(−)側にアルミ箔の塊を詰めていることがわかる。電池の極の接点部分は紙やすりで磨いている。テープで止めている。そのうえから輪ゴムで電池の周りをめ付けている。

 

  

アルミ電極版コイルモーター

 

参考図書 :青少年のための科学の祭典2005P30

目次に戻る

 

inserted by FC2 system