ドングリのつりあい実験(やじろべえ 2方向の力のつりあい)

 

この実験は、2力のバランスを保つにはどうするか、ドングリでやじろべえを作成して確かめるものである。 つりあうためには左右ドングリの重さと竹ひごの長さが同じであることが良い条件となる。

材料 どんぐりの実(クヌギ) 3個 竹ひご10cm程度2本 、きり(穴を開けるもの) 台 

@ ドングリ1個は2箇所穴をあける。2個は1箇所穴を開ける。

A ドングリの2箇所穴開けたほうに2本竹ひごをし込む。さしたときに120度くらいに角度をつける。

B 両端にどんぐりを挿し込む。

C バランスの調整をする。

ドングリに穴を開ける 

拡大する  拡大する

竹ひごを差し込む。

拡大する  拡大する

拡大する

*バランスよく調整するには、挿した竹ひごはねじれがないように、寝かして置いたとき3個のドングリの高に合わせる。左右のドングリの重さが違うときにはどちらかに傾くので、重く傾くほうの竹ひごの長さを少し短くする。

 

 

戻る

inserted by FC2 system