ペットボトルの

地面の液状化モデル

地震が起こったことにより、地面の砂が液体のようになる。これにより、建物がその重みに耐えられず沈んでしまったり、地中で比重が軽いものが浮き上がる。ここでは、軽いもが振動で浮き上がる現象の液状化モデルである。

材料 ペットボトル。 砂(粒の細かい砂 粒の大きめの砂)、プラスチックのピンやビーズなど

用意 

・ ペットボトルの3分の1くらいに良く洗った砂を入れる(大き目の砂細かい砂半分筒およそ80mmlずつ)

・水を入れて、キャップをしっかり閉める。(インクを入れて水に色をつけると水が腐りにくくなる) 

実験

@ペットボトルをさかさまにして、また元に戻し細かい砂が沈むまで待つ。

Aペットボトルの胴部分を軽くたたくとプラスチックのピンが浮いてくる。

 

 

  

目次に戻る

 

inserted by FC2 system