電気盆を作って蛍光灯を光らせる

 電気盆は 金属板(鉄やアルミ)と、誘電体板(発泡スチロールや硬質ビニール板など)でマイナス電荷を生させ、静電誘導を起こし金属板にプラスの電荷がたまる装置です。

ここでは、きるだけ身近な材料を探して電気盆を作り蛍光灯を光らせる実験をした。

準備

ペットボトル(取っ手用)ガムテープ、お菓子缶のふた、発泡ポリエチレンシートなど(良くわれものに使う梱包用シート)ラップシート(サランラップ、クレラップなどの塩化ビニリデン)蛍光管は小さいもの(4Wか8Wくらい)、テッシュペーパー。

電気盆の作り方

・お盆の方はお菓子缶のふたを裏にし、ガムテープでペットボトルを貼り付ける。

・誘電体板の方はテーブルの上に発泡ポリエチレンシートを敷きその上にラップシートを張る。 

実験

@誘電体板をテッシュペーパーでこする。その後お盆を乗せる。

A指先でお盆の端に触れる。このとき、静電気が流れ指先が少しぱちんと音がする。

B  @Aを2、3回繰り返す。このとき、お盆はペットボトルの取っ手を左手でもってほかのところには置かないようにする。

(静電気の電荷が強くないときは指先ににぱちんと放電していないのでさらに数回すると良い。)

C 蛍光灯の一端を持ち、お盆の端に蛍光灯のもう一端をあてると静電気が放電して光る。

(電気盆の取っ手を持ち実験をおこなう。なるべく暗いところで放電するとよくわかる。)

 

電気盆を使えばその他の実験として、アルミ箔の小さい蝶をつくり浮かせることができる。

@電気盆と同じように静電気をアルミの蝶に集める。持つときはテッシュペーパーを使う

A電気盆に電気を集める。

B電気盆を上側にして取っ手を下にする。その上にアルミ箔の小さい蝶を投げる。

*静電気の反発が強ければ、アルミ箔の蝶が浮く。

 

 関連 静電振り子 静電気ストロー  自作バンデグラフ バンデグラフ ハミルトンのフライホイール 

  静電気蝶 電気くらげ 剥離静電気で蛍光灯を光らせる 剥離静電気の缶で缶を動かす  ライデン瓶 フランクリンモーター 

目次に戻る

 

inserted by FC2 system