電気クラゲ(静電気の実験)

静電気の反発でポリプロピレンの紐が広がるようにして浮く。よく、塩ビパイプで浮かせているが、ここでは風船を利用して浮かせている。

 簡単にできる条件:冬季や乾燥した室内。湿度が高いと静電気ができにくい。

準備 ポリプロピレンの紐25cm 細長いゴム風船 テッシュペーパー(軍手)

    ポリエチレンの平テープ(スズランテープ)でも利用できるが、ポリプロピレンの紐方が薄くて浮きやすい。

    片端を縛って、ポリプロピレンの紐を広げて細く裂く。ゴム風船は膨らめて、輪のように端をセロテープで付ける。

実験 @細く裂いた紐をテッシュペーパーで擦る。また、風船の輪を擦る。

    A細く裂いた紐を風船の輪の上に投げ入れる。

    B電気クラゲのように裂いた紐が広がり反発して浮くが、逃げないように風船の輪を動かす。

 

 関連 静電振り子 静電気ストロー 自作バンデグラフ バンデグラフ  ハミルトンのフライホイール

  静電気蝶 電気盆で蛍光灯  剥離静電気で蛍光灯 静電気缶で動く ライデン瓶 フランクリンモーター 

目次に戻る

 

inserted by FC2 system