ラップフィルムの剥離静電気で蛍光灯を光らせる。

アルミ缶からラップフィルムをはがしたときのの剥離静電気で蛍光灯が光ります。アルミ缶にプラスの静電気が帯電して蛍光管を近づけると一瞬光る。明るいと見えにくいので暗幕を使用すると良い。実験するのは簡単で、ラップフィルムを缶に巻きつけて帯電させる。

材料 アルミ缶 アルミ缶を包むラップフィルム(15cm×30cm程度)蛍光灯(4w)細いストロー(手で直に缶を持たないようにくくりつける。)テッシュペーパー。

実験 @アルミ缶にストローをくくりつける。そして、缶にラップフィルム巻きつける。

Aラップフィルムの上からテッシュペーパーで少し擦る。(ラップフィルムを密着させる)

Bストロー部分を持ち、ラップフィルムをゆっくり剥がす。

C台などに置かないで空いている手で、蛍光灯をアルミ缶の角に近づける。

  

 関連 静電振り子 静電気ストロー バンデグラフ バンデグラフ(ハミルトンのフライホイール)

静電気蝶 電気盆で蛍光灯 剥離静電気の缶で缶を動かす 電気くらげ ライデン瓶 フランクリンモーター 

 

目次に戻る

 
 
 

 

inserted by FC2 system