牛乳パック紙のぶんぶんこま

 
ぶんぶんこまでよく利用される牛乳パック紙を使い作成した。ゴム管はこまを回すときに指が痛くならないようにするためのもの。
 
 
材料 1L牛乳パック紙 タコ糸150cm 穴あけ ハサミ セロテープ ゴム管7cm 2個 ペン
 
@ 牛乳パック紙の1辺 7cm幅あるので、7cm四方になるように7×14cmの長方形に切り取る。
 
A 7cm四方になるように折り返して、セロテープで止める。
 
B 中心の穴あけがしやすいように、対角線に線を引き、中心から5mmくらい横にタコ糸を通す穴あけの印をつける。
 
C 千枚通しなどで穴を開ける。
 
D タコ糸に1個ゴム管を通してから、穴を開けたところにタコ糸を通す。さらに通した紐にゴム管をとしてタコ糸を結び縛る。
 
E こまを回しやすいようにタコ糸の長さを調整して結びなおしたりしてから、こまを回してみると風を切る音がする。
 
折り目に沿って切る。14cm分は定規などで印を付けつとよい。
 
模様などつけられる様に白い面を外側に折り返す。
 
角をセロテープで止め、対角線を引いて中心から横5mm程度はなれたところに穴の印を付ける
 
千枚と通しで穴を開けて、タコ糸を通してから結ぶ間にゴム管を通しておく。
 
 
 
 
 

 目次に戻る

inserted by FC2 system