キウイジャムを作りペクチンで粘り気が出ることを確かめる

 

この実験は果物(キウイ)ジャムを作り、果物にはペクチンがあって砂糖を入れて煮詰めると粘り気のあるジャムができることを確かめる。たまたま栽培していたキウイを収穫したので利用した。収穫したものは繊維質が多く酸味が強かった。ペクチンはりんごに多く含まれているのでりんごを使った。また、りんご味の入ったまろやかな酸味が味わえる。

材料 キウイ700g  りんご 半分 200g グラニュー糖 280g(およそキウイの割)レモン汁少し   鍋 木のヘラ

@ キウイの皮をむく。りんごの皮をむく。

A キウイは細かくさいの目にする。りんごも薄く切り細かくする。

B 鍋にりんごとキウイを入れて中火で煮る。水分が出てきたらグラニュー糖を入れてへらでよくかきまぜる。あくが出てきたら取り除く。

C 15分くらい煮込んでとろみが出てきたら、レモン汁を少し混ぜて火を止めて瓶に詰めて保存する。

*硬いキウイの場合は出来るだけ細かくする。芯の部分は出来るだけ取り除く。フードプロセッサがある場合は、キウイとりんごをフードプロセッサで細かくして煮詰めると良い。

拡大する  拡大する

拡大する  拡大する

フードプロセッサでキウイジャムを作る場合

皮をむいたキウイとリンゴをフードプロセッサで細かくする。その後鍋に入れる。

拡大する  拡大する

鍋に砂糖を入れて中火で煮込む。灰汁(泡の固まり)が出てきたらすくい取る。

拡大する  拡大する

15分ぐらいかき混ぜながら煮込んで粘り気が出たら火を止める。色が黄色に近くなる。

拡大する  拡大する

フードプロセッサーで細かくすると、緑色が変わって黄色くなりやすい。色を出来るだけ変えないようにするには、さいの目にして切り、煮詰める時間を身近するか、マグネシウムイオンが色素から出てしまわない処理をすると良いであろう。

 

戻る

inserted by FC2 system