クエン酸と炭酸水素ナトリムから二酸化炭素

クエン酸と炭酸水素ナトリウムからできた気体が二酸化炭素であることを確認

この実験はクエン酸と重曹(炭酸水素ナトリウム)から二酸化炭素が出ていることを確認する実験である。この前の実験で、クエン酸と重曹(炭酸水素ナトリウム)で泡出てくるところを各自が実験操作している。最近では台所用の薬品として2つとも安く多量に売っている。


材料 クエン酸(2g程度)、重曹(炭酸水素ナトリウム 2g程度)、三角フラスコ300ml、ゴム付のゴムホース、水槽、試験管、石灰水の入ったビーカー スポイト
 

方法  

@水槽に半分水を入れておく、試験管も水槽の中に入れておく。    

A三角フラスコに100ml水を入れる。クエン酸スプーン1杯入れてかき混ぜる。

Bクエン酸が溶けたら、重曹を入れる。混ぜないですぐにゴム栓でふたをする。 

Cしばらくしたら、試験管に気体を水と入れ替えて集める。  

D集めた気体に石灰水を入れてみる。

クエン酸スプーン1杯入れる      クエン酸が溶けたら重曹を入れる。

  
 

泡が出て来る。混ぜないですぐにゴム栓でふた。   試験管に気体を水と入れ替えて集める。

  
 

石灰水を入れてみる。              白色に変化する。

  

試薬の石灰水はあらかじめ作っておく、二酸化炭素の溶けた水は石灰水で白色に変化することを、理解していないといけない。この実験の前に、二酸化炭素の気体だけもしくは、人間のはく息や物が燃えたときにできる時に二酸化炭素が出ることを知っていなくてはいけない。

 

関連 クエン酸と重曹でソーダ水 クエン酸で溶かして缶詰みかん  

 目次に戻る
 

 

inserted by FC2 system