マヨネーズの実験

(油を取り出す)

 この実験は、マヨネーズには油が利用されていることを知る実験です。マヨネーズは、卵と、酢とサラダオイルで作れるが、反対に市販のマヨネーズは、油が取れることがわかる。およそ100gのマヨネーズには80パーセントの油脂をふくんでいる。それであるから、少なくとも、80gに近い、量の油が取れるはずである。結果からいえば。およそ70パーセントの油の回収ができた。

材料 マヨネーズ100g  ビーカー200ml 2個 フィルターペーパー、、かき混ぜ棒、ガスパーナー

@マヨネーズを100gビーカーにとる。
Aマヨネーズの入ったビーカーを加熱する。
Bあぶらとたんぱく質が分離したら火から下し、フィルターペーパーをビーカーの口に置き、固形分と油を分離する。
 

  100gはかる                脂質80.9g

かき混ぜて加熱する        ろ過する

   
 
しばらくろ過する           ろ過した後の重量をはかる(68.28gとなった。・・・おおざっぱです)
 
     
 

 目次に戻る

 

 

 

inserted by FC2 system