厚紙笛( トイレットペーパーの芯でふくろう音、厚紙でうぐいす笛、 厚紙で筒状の笛)

 
厚紙を利用した笛である。トイレットペーパーの芯の紙を使うもの、厚紙を利用した音の高いうぐいす笛、方眼工作用紙を利用した筒状の笛の紹介である。吹き口はストローを使う。
 

1 トイレットペーパーの芯を使ったふくろう笛

材料  トイレットペーパーの芯 、円形の厚紙(トイレットペーパーの芯の径に合わせたもの)2枚 セロテープ、ストロー、カッター
 
@ 紙筒の側面に厚紙をセロテープで貼る。
 
A 筒の中心あたりに縦1.5cm横1cm位でカッターを使い穴を開ける。
 
B ストローの口ををつぶしテープでつぶしたほうを穴の端に貼り付ける。
 
*音が鳴りにくいときはストローをつける位置や角度を調節する。
 
円形の厚紙をテープで両側に貼り付ける
 
  
 
中心あたりの長方形の穴を開ける
 
 
 
ストローの端をつぶしてセロテープで穴の前あたりに固定する。
 
 
 
 
 
*側面や底に指で押さえるだけの穴を開けて、指で穴の明け具合を調節すれば音階を作れる。

 2 厚紙を利用したうぐいす笛

材料  厚紙7cm×8p 1枚 ストロー、セロテープ、カッター
 
@ 厚紙をマジックなどの筒状のもので巻く。(筒の径によって音程が変わる)
 
A 筒状になったら、セロテープで固定する。
 
A 筒の中心あたりに縦1.5cm横7mm位でカッターを使い穴を開ける。
 
B ストローの口ををつぶしテープでつぶしたほうを穴の端に貼り付ける。
 
*音が鳴りにくいときはストローをつける位置や角度を調節する。
 
厚紙を巻いて筒状にする。そのあと、セロテープで固定する。
 
  
 
カッターで穴を開ける。        親指ろ人差し指または中指で押さえて音を鳴らす。
 
 
 
 *うぐいすのように鳴らすには練習が必要で、「ホーホケキョ」というように吹きながらしながら鳴らす。「ホー」で中指をふさいでいて、「ほ」で中指を開く用意をし、「け」で中指を開き。「きょ」で中指を閉じるように鳴らしてみる。
 
 

3 方眼工作用紙を利用した筒状の笛

材料 方眼工作用紙 ハサミ セロテープ ストロー 塩ビパイプ  

@ およそ10×20cmに方眼紙を切り取る。

A 筒状にまき、セロテープ貼り付け筒にする。

B 端から5cmところに1cm四方の穴を開ける。

C 穴の手前に蛇腹の短いほうのストローの口を潰して、ストローをテープで止める。

 D ストローを吹いて音が出るようにストローの口を調節する

塩ビパイプに厚紙を巻く 

  

セロテープで止める。端から5cmところにカッターで1cm四方の穴を開ける。 

  

ストローの先をつぶしてセロテープで穴を開けた手前に貼る。;

  

 

 

 

目次に戻る

inserted by FC2 system