水の入った紙コップは燃えない(紙コップでお湯を沸かす)実験

お湯を火で沸かしても紙コップから水がこぼれない

この実験はお湯を沸かすことが目的でなく、紙はぬれていると燃えないことを確かめる実験である。(新聞は291℃で自然発火)水により火に当てられれも紙の発熱は抑えられて、表面は焦げるが発火するまでには至らない。

材料 アルコールランプ、三脚、紙コップ
 
@紙コップの底の部分を平らにする。上側半分程度切り取る
A水を50cc程度入れる。
Bアルコールランプ火をつけ。
C紙コップから水が漏れないで水は沸とうする様子を観察する。

 

 関連 砂糖の燃焼

目次に戻る

 

inserted by FC2 system