ジャガイモでん粉を取り出す

ジャガイモからジャガイモでん粉を取り出す実験

ジャガイモのでん粉はじゃがいもから取り出す。馬鈴薯でん粉呼ばれていて、商品の名前では片栗粉とも呼ばれている。ここでは、簡単に摩り下ろして、漉し袋にいれて水にさらしてからでん粉を取り出す方法である。

材料  すりおろし器、ジャガイモ、ボウル、包丁、生ごみ用に使われる三角コナーの袋(漉し袋で目の細かい不織布のもの)

@ジャガイモの皮をむく

Aジャガイモをすりおろし器ですりおろす

B漉し袋にいれ、袋を水に入れ良くもんででん粉を取り出す。

Cよく搾り取ったら、少しそのままにするとでん粉粉が沈殿する。

D上澄みの水を捨てると白いものが見えてくる。

ジャガイモの皮をむく

 

ジャガイモをすりおろし器ですりおろす。漉し袋に入れる。

 

漉し袋を水に浸しながらでん粉を取り出す。

 

上澄み液を捨てるとでん粉が見てくる。

 

*触っても普通のでん粉と変わらない。このでん粉を煮るとでん粉のりができる。生徒実験ではわらびもちのようにして食べた。でん粉:水が1:5の割合で良いようだ。

 

 目次に戻る

 

 

inserted by FC2 system