スクリューで推進する輪ゴム動力の船

ペットボトル素材のスクリューを回転させて推進させる

この実験は、ペットボトルでスクリューの羽根を作り、輪ゴムで回転させて推進させるペットボトルを船体にした船である。

材料 太いストロー 輪ゴム2本 クリップ1個 ペットボトル(円筒形 四角)  セロテープ、つまよう枝1本  使用済みの単3電池2本  穴を開けるもの、ハサミ

 道具 ハサミ  ラジオペンチ 千枚通し

<スクリューをつくる(プロペラ)>

@ 円筒形のペットボトルを幅1.5cmで斜めに切り取る。(およそ長さ10cmくらい)

A 羽根を中心に穴5mm間を開けて穴を開ける。

  

<スクリュー動力部をつくる>

@ クリップを開き芯の方はペンチでつぶし回転軸を作る。

A クリップの針金にスパンコール、ビーズ、羽根の順に挿し、針金を折り曲げて5mm間を開けて開けた穴に挿しまた羽根に沿って針金を折り曲げる。

B 羽根の幅を中心から3cmになるように半円になるようにきりとる。

C 針金のフックになるところ輪ゴムを掛けて、太いストローに輪ゴムを通し端に出した輪ゴムをつまよう枝に掛けてセロテープでとめる。

*羽根の表裏はペットボトルの内側であったほうを外に向けて挿してあること。

  

  

  

<船を作る>::今回の実験の場合

@ スクリュー動力部をペットボトル側面に貼り付ける。スクリューはペットボトルの底から1cm離す。

A 底側に使用済みの乾電池をつける。

B 50mmlくらい水をペットボトルにいれてキャップのふたをする。

実験

羽根を指でまわし、押さえてから水面に船を置いて手を放す。

  

 

 

 

関連   輪ゴム動力ヘリコプター

参考 ゴムヘリ

目次に戻る

 

inserted by FC2 system