簡易連通管(連結管)の実験

重力により水は下に落ちて同じ高さになろうろとする水

水は常に重力したがって下に落ちるが、水面は同じ高さになろうとする。この関係は管を通じているところでも同じである。常に同じ高さになろうとして管を通じて他方に流れる。


材料 紙コップ2個 ストロー1本  色水 
 

方法  

@紙コップの底付近にストローが通る穴を開ける。このときの穴は、ストローよりも小さめにする。     

Aストローを穴に挿し込む。(穴がゆるいと水が漏れる。)

*大きさの違った紙コップを利用したり、3連や4連にすることもできる。 

  

 

関連   空気密閉したときの連通管(連結管)

 目次に戻る
 

 

inserted by FC2 system