肢体不自由児の工芸作業

肢体不自由の特別支援学校では、作業の時間は木工だけでなくアクセサリーや小物、紙工芸(ペーパークラフト)、革工芸(レザークラフト)、染色 縫い物など行います。その中で重度障害の生徒たちのための作業的自立活動の内容として扱ってきた作品についての紹介です。

 小物入れ(紙工芸)

これは板目紙に寸法を取り切り取っておく。あらかじめ切り込みのほうも入れて、折りやすいようにしておく。生徒は折込をいれ、のりしろををボンドでつける。また、セロテープで固定する。その後千代紙などで貼り付けて飾り付けをする。見本では内箱と外箱の作成をした。生徒作業で内箱のもを千代紙を貼り付けて製品とした。
 
 
 
小物入れ詳しい寸法は、ここから 
 

 藍の叩き染め巾着

これは、藍を栽培しておき、木綿生地を叩きぞめにする。その後ミシンで縫い物をして、袋を作る。生徒は直線縫いまた、紐と押しなどを行う。
 
 
 
 

レターケース(紙工芸)

これは板目紙に寸法を取り切り取っておく。あらかじめ切り込みのほうも入れて、折りやすいようにしておく。生徒は折込をいれ、ボンドをつける。固定しにくいのでホチキスでとめて置く。その後は千代紙でボンドをつけて貼り付ける。仕上げにニス塗りをする。
 
レターケース詳しい寸法は、ここから 
 
   
 

 印鑑ケース(革工芸)

これは、市販の革工芸のキットを利用し、刻印をして着色を行い。紐通しをする。刻印の模様や色は生徒ごとに違うものを作る。
 
 
 
 

 トレイ(紙工芸)

これは板目紙に寸法を取り切り取っておく。あらかじめ切り込みのほうも入れて、折りやすいようにしておく。生徒は折込をいれ固定しにくいのでホチキスでとめて置く。角はハサミで切って丸くする。その後は布生地をボンドで貼り付ける。底面にも無地の布を貼り付ける。布は100円ショップで購入した。
 
  
 
 

 松ぼっくりツリー(工芸)

これは、飾りの置物を作る。松ぼっくりに市販のビーズやスパンコールなどを貼り付けて飾り付けをする。土台は紙粘土で固定する。
 
下の写真の右側はアカマツなどの松ぼっくりを利用したもの。左側は大王松などの大きな松ぼっくりを利用して作った。元部分の曲がったものが多いので、紙ねん土で受けの台座をつくり、ボンドで固定した。
 
 
戻る

 

inserted by FC2 system